カウンタ

COUNTER20620

オンライン状況

オンラインユーザー2人
ログインユーザー0人

IMAGINE

お知らせ

 本サイトは、春日部市立東中学校の、生徒・教職員・保護者・地域関係諸機関等のコミュニティサイトとして開設するものです。
 なお、トップページは、東中周辺地域の関係機関や諸団体情報をこちらに掲載してまいります。様々な組織が、相互協力することで、地域の子どもたちの健全な成長を見守ってまいりましょう。どうかご協力よろしくお願いいたします。
 関係機関等の皆様、情報がありましたら、こちらに自由に掲載をお願いいたします。
 なお、ログインIDとパスワードをお持ちのかた(保護者・教職員・その他)は、ログインをしてコミュニティサイトとして活用します。
 どうかよろしくお願いいたします。

 平成28年5月5日 
春日部市立東中学校 校長
 

掲示板

東中校区の集合体(コンプレックス)情報[全件一覧]
12345

Princepal2017/09/16 13:20:37

 平成29年9月16日(土)
 今日は、東中校区内の2つの小学校の運動会が開催されています。
 台風の接近で雨が心配されますが、両校とも開催ができてよかったと思います。

 まず、小渕小を訪問しました。
<小渕小学校の運動会>
 キャッチフレーズが目立ちます。はだしの姿も目立ちます。
 開会式のしっかりとした行進や、整然とした開会式と、そろった準備体操が印象的でした。
 得点版の上のキャッチフレーズ(左)/入場開始で先頭の国旗と金管バンド(右)
 
 整然とした行進(左)は6年生です。準備体操もしっかりしています。(右)
 
 なによりも整列の美しい開会式


<幸松小学校>
 次に幸松小学校を訪問しました。
 楽しそうに演技する姿が印象的でした。とくに高学年の組体操はすばらしかった。
 もちろん4年生のよさこいソーランも素敵でした。
 4年生よさこいソーラン(左)/全校による大玉ころがし(右)
 
 金管バンドの演奏(左)/応援合戦(右)
 
 圧巻は高学年による組体操です。

Princepal2017/09/14 09:07:19

 平成29年9月14日(木)
 今年度も、幸松地区体育祭が本校の校庭で開催されます。
 10月8日(日)9:00~です。
 この体育祭に協力いただける中学生のボランティアを募っています。
 中間テスト前ですが、どうか地域のためにご協力くださいましようお願いいたします。昨年度も多数の生徒が協力してくださいました。今年度も多数のご協力をお願いいたします。詳しくは、昨日、全ご家庭に配付いたしました、下の文書をご覧ください。申し込みは担任の先生へ。
 
H29年度 幸松地区体育祭ボランティア募集.pdf
Princepal2017/09/07 14:27:50

 第63回幸松地区体育祭のプログラムが届きました。
 下のpdfファイルまたは、写真をご覧ください。
 幸松地区体育祭プログラム291008.pdf
 
Princepal2017/09/07 11:01:07

 平成29年度 春日部市民体育祭 第63回幸松地区体育祭のご案内
 下のポスターをご覧ください。

Princepal2017/07/21 11:42:41

 平成29年7月21日(金)
 本日から7月28日(金)の一週間、本校の校舎で、県立春日部東高校2年生の補習授業が行われています。今年度の夏季休業中に春日部東高校の校舎改修工事があり、補習授業を本校の3階教室を利用していただくことになりました。
 中学生に高校生の学習する姿勢や態度を目にするよりよい機会と考えます。また、中高の連携の一つとなることを期待します。
 では、補習授業の様子です。



12345

東中の誇り

東中の誇り[全件一覧]
12345

Princepal2017/02/09 14:42:07(0票)

 平成29年2月9日(木)
 平成28年度 春日部市学校歯科保健優良校コンクール表彰式
 本校は、「努力校」として表彰されました。これも学校の誇りです。東中の名誉、誇りとなります。
 では、賞状とトロフィをご覧ください。



Princepal2017/01/12 09:41:15(0票)

 埼玉県知事から次の感謝状が届きました。この栄誉を全校生徒、保護者の皆様菜、普段より東中学校を支えてくださっている地域の皆様と共有したく、ここに紹介します。
 生徒会本部を中心に活動して、寄付をしたものです。
 東中の誇りです。矜持です。ご紹介します。
 「さいたま緑のトラスト基金」の感謝状です。
 大きくするにはこちらのpdfファイルをご覧ください。
 さいたま緑のトラスト基金感謝状.pdf

 感謝状に添えられた手紙の文面をそのまま掲載します。
 日頃、さいたま緑のトラスト運動の推進につきまして、格別のご協力を賜り、深く感謝申し上げます。
 このたびは、さいたま緑のトラスト基金に御寄附をいただき、厚くお礼申し上げます。ご寄附いただきました寄附金は、ふるさと埼玉の貴重な緑を保全するために活用してまいります。
 今後とも、さいたま緑のトラスト運動のいっそうに推進を図るため、お力添えを賜りますようご協力をお願いいたします。

Princepal2016/10/19 11:37:41(1票)

 学校外での活躍は、東中学校の生徒の信頼を高めてくれます。
 10月9日(日)に開催されました幸松地区体育祭において、たくさんの東中学校生徒が、中間テスト直前にもかかわらずボランティアとして活動してくれました。
 地域の皆さんに喜ばれたことはもちろんですが、中学生の力を地域に役立てることが、これからの社会のためになるというお手本の姿を見せてくれたことに、大きな価値があります。
 皆さんは、学校の誇りであると同時に、幸松地区の誇りです。ありがとうございました。
 
はじめは吹奏楽部です。雨のなかでしたが開会式の行進曲等の演奏ありがとうございました。
次は女子バスケットボール部です。昼休みの演技「よさこいソーラン」をありがとうございました。
最後は、様々な係で活動してくれたボランティアの生徒たちです。ありがとうございました。
放送係です。

記録係です。


大変だった用具係です。

Princepal2016/09/14 10:19:58(3票)

 平成28年9月14日(水)
 今年度の市内駅伝大会の練習が始まりました。学校を代表する46名が朝7時から30分間練習をします。
 今朝は、雨が降っていませんでしたから、6時台から三々五々練習選手が集まってきました。とくに、3年生が率先して練習に参加する姿は、後輩の手本であり、同時に、学校を代表して大会に出場することの意味を十分理解している立派な姿であると思います。その姿は、その心も表現しています。
 東中学校を代表して、これからの期間、上手に時間を使いながら、選手相互で助け合いながら、団体戦としての駅伝に向けてがんばってほしいと願っています。55東中です。
選手一同の雄姿(練習を終えて)

       練習開始の走りだし          練習後の給水
 

※ なお、選手名、練習日程は、ログイン後、部活動のルームで確認できます。ただし、IDとPASSをお持ちのかたに限ります。ご容赦ください。

Princepal2016/07/14 09:42:23(7票)

 修学旅行のエピソード第5弾は、「生徒の思い」を掲載します。これをエピソードの最終版として、コミュニティサイトのトップページ「東中の誇り」にしばらく掲載します。

 東大寺大仏殿の見学のときのことです。
南大門手前の駐車場でバスを降り、クラス単位で東大寺大仏殿を見学したあとに、各グループ単位の奈良公園見学へという日程でした。
 クラスで、バスガイドさんの旗を先頭に説明を聴きながら、南大門をくぐり、そして大仏殿に向かいます。大仏殿は正面左手から入場します。入口で、添乗員さんから拝観券を一人一枚ずつもらいました。
 その拝観券をさも大切そうに受け取った女子生徒がいました。
 大仏殿を仰ぐような、中門と大仏殿の中間地点で、クラスがひとつにまとまってバスガイドさんの案内を聴くことになります。
 そのクラスがひとかたまりになるときに、さきほど拝観券を大事に扱っていた女子生徒の言葉を聞きました。
 「これ、卒アルに貼るんだ」
 そう言いながら、拝観券が折れ曲がらないように、札入れに入れています。ぴったりとおさまった拝見券にほっとして、まるでお札のように大切にしながら、折れないようにしまっています。折れ曲がらないことに気を使っているようです。
 私は、この言葉やしぐさから、この生徒がどんな気持ちでいるのかを想像していました。
 拝観券を折れないように大切にして、それを卒業アルバムに貼ろうというくらいの心をもっている生徒です。きっと、この修学旅行に寄せる気持ちは並々ならぬのではないかと思います。
 京都奈良を訪問することも大切です。世界遺産である世界最大の木造建築を見ることも重要です。しかし、彼女が感じていたのは、きっと、今のこの瞬間、いっしょにいる仲間とともに過ごしたこの時間こそ、自分の生涯の宝物として、とっておきたいという気持ちでなかったろうかと、考えていました。
 成長期、成人するまえの思い出は、一生涯を支える重要な経験であり、記憶です。それが生きる支えであると呼んでいいのかもしれません。それを、彼女はよくわかっていて、拝観券を折れないようにする行為や、先の言葉として表現したのではないかと、私は勝手にイメージを膨らませていました。
 つまり、修学旅行は、彼女にとっての「一生の宝」だということなのです。私は、このとき自分で自分を戒めていました。この心を大切にする3日間の修学旅行となる努力をしなければいけないと。

12345